読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

稲田防衛相、蓮舫代表の「口撃」に声震わせる…

稲田防衛相、蓮舫代表の「口撃」に声震わせる…
 
♯探偵♯の独り言
 
稲田を擁護する気は一切無いが、蓮舫の目的は一体なんなのか?態々10年前の事を国会の場で指摘する必要が
あるのか?単なる個人攻撃だ・・
 
 
<a href="http://ecowork.sakura.ne.jp/"><font size="2" color="#FF0000"><b>裁判証拠収集 
 
民進党蓮舫代表が30日の参院予算委員会で、稲田朋美防衛相に対し、女性の働き方などに関する約10年前の寄稿と現在の立場の「不一致」をめぐり、昨年10月に続いて“口撃”した。稲田氏は一部発言を事実上撤回。「10年たち、その過程で私も政治家として成長したんだなと思う」と、「成長」を理由に釈明し、失笑が漏れる場面もあった。
蓮舫氏が指摘したのは07~08年、雑誌に掲載された「女性の割合を上げるため、能力が劣っていても登用するなどというのは、クレージー以外の何物でもない」「数値目標にどのような意味があるのだろうか」などの発言。「活躍できるなら平等に活躍できる機会を提供するのが、今の政府の働き方改革。稲田氏は過去、正面から否定するかのような寄稿をしている」と指摘され、当該部分の読み上げまで求められた。
 
 稲田氏は「10年前の一議員の発言」「長い対談の一部」と拒んだが、蓮舫氏の追及に、「どうしても読めというので読みます」と朗読。唇をかみ、声が震える場面もあった。
 
 別の寄稿では「尊属殺人罪を復活せよ」の記述があると指摘され、「(今は)復活せよとは思っていない」と否定した。「政治の間違いは政治がたださなければ。修正しますか」と指摘され「(今は)この時と同じ考えではない」と述べた。
 
調査し放題で定額!日本で唯一!解決まで定額の不貞調査!3ツのコースのみ!
解決まで『完全定額不貞調査』です。調査員増員無料!個人情報取得無料!お客様の立場に立った3ツの料金コース,調査期間3ケ月間以上!何度でも『尾行』『張り込み』を実施いたします。完全実費諸経費で無駄がありません。
 
<a href="http://www.nagoya-uwaki.com/" target="_self">日本唯一!解決まで完全定額不貞調査</a>