読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

米・メキシコ大統領が電話会談、国境の壁問題「発言自粛」で一致

 

米・メキシコ大統領が電話会談、国境の壁問題「発言自粛」で一致

♯探偵♯の独り言
メキシコに対して『壁が嫌なら違法移民問題を解決しろ!既に滞在しているメキシコ人は税金を支払え!』これがトランプ戦略では!?

【AFP=時事】(更新)ドナルド・トランプDonald Trump)米大統領は27日、国境の壁建設計画で対立するメキシコのエンリケ・ペニャニエト(Enrique Pena Nieto)大統領と1時間にわたる電話会談を行った。米・メキシコ国境に壁を建設し、その費用はメキシコに負担させるとしたトランプ大統領の計画は、メキシコで反発を広げ、経済学者の間で困惑の声を生んでいるが、一方でトランプ氏支持派の米国粋主義者らを勢いづけている。費用負担をめぐり米国と対立するペニャニエト大統領は、来週に米首都ワシントン(Washington D.C.)で予定されていたトランプ氏との首脳会談を中止していた。

 トランプ氏は、会談は「非常に友好的」だったと言明。両国政府も、会談は「建設的で生産的」だったとする、ほぼ同一内容の声明を発表した。声明は、壁建設費の負担について両首脳が「意見の明白な相違」を確認した一方で、「両国関係のあらゆる側面についての包括的な協議の一環としてこの相違を解消」していくことで一致したと説明。

 ただメキシコ側の声明には「両大統領はさらに、物議を醸しているこの問題に関し、これ以上の公的発言を控えることでも合意した」という、米国側にはなかった一文が含まれている。【翻訳編集】 AFPBB News

<a href="http://ecowork.sakura.ne.jp/"><font size="2" color="#FF0000"><b>裁判証拠収集 

偽名で建設会社と雇用契約を結んだとして、警視庁公安部は24日、いずれも革労協反主流派の非公然部隊の活動家、沼田豊綱容疑者(65)=千葉市=と武藤金作容疑者(65)=埼玉県新座市=を有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕した。公安部によると、2人は黙秘しているという。

 同部によると、2人はゲリラで使う飛しょう弾など爆発物の製造役とみられる。沼田容疑者は2013年11月に東京都立川市の米軍横田基地付近で飛しょう弾が発射された事件に関与した可能性もあるという。

 同部は昨年2月、両容疑者が出入りしていた非公然アジトを家宅捜索。その後、2人を指名手配し行方を追っていた。

 沼田容疑者の逮捕容疑は13年5月、千葉県内の建設会社と偽名で雇用契約を結んだ疑い。武藤容疑者の逮捕容疑は12年2月に都内の建設会社と偽名で雇用契約を結んだ疑い。

調査員増員0円尾行張り込み回数無制限!この調査で浮気調査が完結できます!
http://eco-workmobile.com/lp/