読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

AV出演拒否で賠償請求した弁護士は「懲戒審査が相当」 日弁連

AV出演拒否で賠償請求した弁護士は「懲戒審査が相当」 日弁連

♯探偵♯の独り言

違約金を求める訴訟はよくある事案だが、この程度弁護士の品格反するというのならば、愛知県の女性弁護士K氏は
とっくに何回も懲戒処分を受けているだろう・・


<a href="http://ecowork.sakura.ne.jp/"><font size="2" color="#FF0000"><b>裁判証拠収集 


アダルトビデオ(AV)への出演を拒否した女性に所属事務所が違約金2460万円を求めた訴訟をめぐり、日本弁護士連合会が事務所側の担当弁護士に対する懲戒審査を求める決定を出していたことが分かったと、NHKなどが報じた。決定は2016年12月21日付。

■決定に至った経緯は?

産経新聞によると、女性は「タレントになれる」と18歳でスカウトされ、事務所と契約。アダルトビデオへの出演を求められたので拒否すると、「違約金が1千万円かかる」などと言われた。契約解除を求めると、事務所側は60代の男性弁護士らを代理人として東京地裁に提訴した。地裁は2015年9月、「強要できない仕事なのに、多額の違約金を告げて出演を迫った」と指摘し、請求を棄却。事務所側は控訴せず、判決が確定した。

裁判のことを知った東京都の男性が2015年10月、「提訴は女性を恫喝したアダルトビデオ出演強制を助長する行為で、弁護士の品位に反する」として、弁護士が所属する第二東京弁護士会に懲戒処分を求めた。訴えが退けられたため、男性は日弁連に異議を申し出ていた。

申し出を受け、日弁連は「請求額が多額で出演を強制する威圧的な効果があった」と判断し、懲戒審査を行うべきだとする決定を出した。今後、弁護士会が審査を行う見通し。男性弁護士はNHKの取材に対し、「誰にでも裁判を起こす権利があり、代理人を務めただけで問題にされると、弁護士業務萎縮につながる」と、審査の場で反論する考えを表明した。
調査員増員0円尾行張り込み回数無制限!この調査で浮気調査が完結できます!
http://eco-workmobile.com/lp/