読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

<高浜原発>過酷事故を想定…初の広域避難訓練

<高浜原発>過酷事故を想定…初の広域避難訓練

素朴な疑問だがいくら逃げても、プルトニュウムからは逃げれないと思うのだが、原発事故を防災訓練とすり替えていないか?

<a href="http://www.nagoya-uwaki.com/">浮気調査 名古屋</a>

<a href="http://www.eco-workresearch.com/">探偵 興信所 名古屋</a>

◇半径30キロ圏内に入る住民ら9000人が参加

 関西電力高浜原発福井県高浜町)での過酷事故を想定し、原発から半径30キロ圏内に入る住民らが県外に避難する初の広域避難訓練が27日、行われた。

 昨年12月に国の原子力防災会議で了承された広域避難計画に基づく訓練。30キロ圏内の福井県京都府の住民約7000人のほか、近隣の滋賀県と避難先の兵庫県関西広域連合や国などの約150機関の関係者ら計約9000人が参加した。福井県内の住民約240人はバスなどで兵庫県に避難し、県外避難者の数は原発訓練では最大規模。

 訓練は午前6時ごろに、若狭湾沖で震度6弱以上の強い地震が発生し、高浜原発の全交流電源が喪失したと想定。5キロ圏内(PAZ)の住民は、放射性物質原発外部に放出前の段階で避難を始め、兵庫県宝塚市などに向かった。5〜30キロ圏内(UPZ)の住民は一旦、屋内退避をして、放射性物質が放出後に避難を開始。自宅や病院、学校をバスや乗用車で出発後、甲状腺被ばくを防ぐヨウ素剤の配布を受けたり、放射線量を測定するスクリーニングを各地で受けた後、兵庫県三田市などに向かった。移動距離は最大で約130キロ。

 訓練では、今年4月の熊本地震を教訓に、陸上自衛隊が避難路の障害物を除去したり、避難路が崖崩れなどで孤立した住民をヘリや船で運んだりする訓練もあったが、天候不良を理由に一部のヘリと全ての船の輸送が中止になった。

 各府県や国は今回の訓練を基に、広域避難計画の実効性を検証する。

 

調査員増員0円尾行張り込み回数無制限!この調査で浮気調査が完結できます!

http://eco-workmobile.com/lp/

安心・定額の浮気調査ならエコワークリサーチ&コンサルティング