読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

<マット死訴訟>元生徒2人に再び賠償命令 山形地裁

<マット死訴訟>元生徒2人に再び賠償命令 山形地裁

♯探偵♯の独り言

最高最で確定している事案に再び支払いを求める事案は聞いたことが無い。恐らく被害者は相当激怒しているの違いないと思う!よほどのことだ!

<a href="http://www.nagoya-uwaki.com/">浮気調査 名古屋</a>

<a href="http://www.eco-workresearch.com/">探偵 興信所 名古屋</a>

山形県新庄市立明倫中で1993年、1年生の児玉有平さん(当時13歳)が体育マットの中で死亡した事件を巡り、確定した損害賠償約5760万円を支払うよう遺族が再度求めた訴訟で、山形地裁は23日、元生徒2人に請求通り支払うよう命じる判決を言い渡した。遅延損害金を含めると、支払総額は計約1億2400万円。

 松下貴彦裁判長は「請求権の時効中断のため、改めて判決を得る必要がある」と指摘した。事件では2人を含め元生徒7人が逮捕・補導され、全員の関与を認定し賠償を命じた仙台高裁判決が2005年9月に確定している。松下裁判長は「無実」を訴える元生徒側の主張に対し、「高裁判決と矛盾する判断はできない」と述べた。

 判決確定後、遺族は請求権が時効を迎える昨年9月までに元生徒4人の債権を差し押さえる措置を取った。しかし残る3人は差し押さえが進まず、時効成立を防ぐため今年1月に再提訴。その後、1人は給料を差し押さえ訴えを取り下げた。

 事件は93年1月、マットの中で窒息死した児玉さんが見つかり、県警が監禁致死などの容疑で当時の上級生ら7人を逮捕・補導した。うち3人は家裁送致され無罪に当たる不処分となっていた。【松尾知典】

 

調査員増員0円尾行張り込み回数無制限!この調査で浮気調査が完結できます!

http://eco-workmobile.com/lp/