読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

大戸屋、創業家との対立打開へ第三者委 調査協力は不透明

大戸屋、創業家との対立打開へ第三者委 
調査協力は不透明

♯探偵♯の独り言

いくら「士」の付く人物や「辞検」がいても調査に非強力では何の意味もないのでは?こんな時は我々のような専門調査機関が必要では!

<a href="http://www.nagoya-uwaki.com/">浮気調査 名古屋</a>

<a href="http://www.eco-workresearch.com/">探偵 興信所 名古屋</a>

大戸屋ホールディングスは8日、深刻化している創業家との対立を打開するため第三者委員会を同日付で設置したと発表した。今後2カ月程度で創業家や経営陣に聞き取り調査をし、対立の問題点を整理して創業家との和解につなげたい考えだ。創業家側は第三者委に協力する意向を示しておらず、対立の解消に向かうかは不透明だ。

 委員会は元検事で弁護士の郷原信郎氏、赤松幸夫氏、公認会計士の樋口哲朗氏の3人で構成する。委員長に就任した郷原氏は記者会見で「中立的な立場から対立の経緯などを調査し、経営陣に改めるべき点は生かしてもらう」と説明した。

 「創業家の関係者にも協力を得ることが不可欠」(郷原氏)としており、すでに創業家側には先週末に協力を打診済みという。ただ、具体的な返事は届いておらず、調査に協力を得られるかは不透明だ。

 昨年7月に実質的な創業者の三森久実前会長が死去し、社長人事などを巡って創業家と経営陣が対立している。数回にわたって両者で話し合いの場が持たれてきたが、6月23日に開かれた株主総会で、会社側の取締役選任議案に創業家が反対したことで対立が表面化した。創業家側は9月にも臨時株主総会の開催を求めて、新たな役員人事案を提示する考えを示している。

 

 

調査員増員0円尾行張り込み無制限!この調査で浮気調査が完結できます!

http://eco-workmobile.com/lp/

安心・定額の浮気調査ならエコワークリサーチ&コンサルティング