読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

<相模原大量殺人 措置入院の徹底的検証を>

<相模原大量殺人 措置入院の徹底的検証を>

♯探偵♯の独り言

間違いなく平成の一大事件に記録される事案になると思う!貧困差別など、恨みが事件化する事はこれからも続くと思う!そして、その被害者はやはり弱者なのか・・

<a href="http://www.eco-workresearch.com/">探偵 興信所 名古屋</a>

<a href="http://www.nagoya-uwaki.com/">浮気調査 名古屋</a>

戦後最悪の大量殺人である。相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で未明、元職員の男が次々と入所者をナイフなどで襲い、40人以上を殺傷した。

 就寝中の被害者らはほとんどが無抵抗のまま首などを刺され、傷の多くは骨に達していた。悲惨で痛ましく、卑劣極まりない犯行である。

 神奈川県警に逮捕された男は、「障害者なんていなくなってしまえ」などと供述しているという。男は今年2月にも施設の関係者に「障害者を殺す」と発言し、同県警津久井署が事情聴取した。

 同じ2月には、同趣旨で犯行を予告する手紙を衆院議長公邸に持参した。今回の凶行の手口は手紙の内容に沿っていた。この後、男は「他害の恐れがある」として精神保健福祉法に基づく措置入院となり、3月に退院していた。

 措置入院の解除、退院は指定医が判定し、自治体の判断を仰ぐ。大量殺人を予告し、警察の聴取を受けた男が、措置入院を経て強い犯意を持続させ、実行に及んだのだ。措置入院の期間や解除の判断は妥当だったか。警察や「やまゆり園」は解除や退院後の男の動向について情報を得ていたのか。

 措置入院の経緯とあり方を徹底的に検証しなければ、再発防止の教訓とすることはできない。

 平成13年、大阪教育大学付属池田小学校に男が押し入り、次々と包丁で切りつけ、児童8人を殺害した。男は犯行の2年前にも傷害容疑で逮捕されたが、「精神安定剤依存症」の診断で処分保留となり、措置入院となっていた。この事件でも措置入院は、凶悪な犯行を防ぐことができなかった。

 池田小事件をきっかけに17年には、裁判所が医師の鑑定をもとに指定医療機関への入院を命じることができる心神喪失者等医療観察法も施行されたが、精神保健福祉法と併せ、社会の安全を守るには多くの問題点を残す。

 池田小事件の被告に死刑を言い渡した大阪地裁の裁判長は、判決朗読の最後に、「子供たちの被害が不可避であったはずはない、との思いを禁じ得なかった。せめて、二度とこのような悲しい出来事が起きないよう、再発防止のための真剣な取り組みが社会全体でなされることを願ってやまない」と述べた。

 改めて反省を、強く社会で共有する必要がある。

 

調査員増員0円尾行張り込み無制限!この調査で浮気調査が完結できます!

  http://eco-workmobile.com/lp/ 

http:// http://eco-workmobile.com/lp/