読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

<都議会>舛添氏疑惑 「身を切る覚悟必要」与党も厳しい声

<都議会>舛添氏疑惑 「身を切る覚悟必要」与党も厳しい声

♯探偵♯の独り言

諄いようだが、今後はこのような政治家が現れないように法改正を行うべきだ!

舛添氏個人の問題では無い!

<a href="http://www.eco-workresearch.com/">探偵 興信所 名古屋</a>

 

東京都の舛添要一知事の「公私混同」問題を巡り、8日行われた都議会一般質問では、知事与党の自民、公明からも責任の取り方について厳しい声が相次いだ。舛添氏は7日の代表質問とほぼ同様の答弁を続ける一方、知事続投の意向を改めて示しており、各会派は反発を強めている。

 一般質問では7会派の15議員が登壇した。

 自民は舛添氏を「疑惑の総合商店」と皮肉り、「しかるべき時に身を切る覚悟が必要だ」「都民の疑念に身を切る決意で応えるべきだ」と迫った。

 一方で、地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)設置について「多くが知事就任前の疑惑。百条委で追及することがなじむのか」と質問し、都幹部から「自治事務と直接的に関わらず、なじみにくい」との答弁を引き出すなど、舛添氏への配慮も見せた。

 公明は「いかなる理由で知事にとどまるのか」と出処進退を明らかにするよう求めた。舛添氏が著書で美術品売買による資産形成に言及していたことを引用し、政治資金での美術品の大量購入を「定期預金の積み立てのような印象だ」と批判した。

 野党の都議会民進(旧民主系)は、舛添氏が「けじめ」として表明した神奈川県湯河原町の別荘売却に触れ「これだけで都民の理解を得られないのは当然。潔く身を処すべきだ」とした。共産も「こんな人が知事とは世界に向けて恥ずかしいとの声が寄せられている」と辞職を求めた。

 舛添氏は進退に関する質問に対し「批判を重く受け止め、地道に都民や都議会の理解を得ていきたい」との答弁を繰り返した。

 一般質問終了後、開催される方向となった総務委員会での集中審議について、公明は長時間の質疑になる可能性を示唆した。一方、共産は百条委員会の設置を改めて求めた。【飯山太郎、円谷美晶】

【関連記事】

[http://探偵 興信所 名古屋:title]