読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

<清原和博被告に有罪判決“盟友”らコメント>

清原和博被告に有罪判決“盟友”らコメント

♯探偵♯の独り言

清原はスーパースターでも番長でも無い。気が小さく、弱い、一人の男だ。これらのイメージを作ったのは無責任メディアだ。構成するには自分に正直になることだ。

<a href="http://www.eco-workresearch.com/">探偵 興信所 名古屋</a>

 

覚せい剤取締法違反の罪に問われている元プロ野球選手・清原和博被告に対し、東京地裁は懲役2年6か月・執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

 清原被告は覚醒剤の所持と使用、さらに覚醒剤を譲り受けた罪の合わせて3つの罪に問われていた。5月31日の判決で東京地裁は、「自宅に複数の注射器があり、両腕に数か所の注射痕があるなど、覚醒剤に対する常習性は強い」と指摘した。その一方で、「二度と覚醒剤に手を出さないと誓い、父親や知人が更生を支援する意向を示している」として、懲役2年6か月・執行猶予4年の判決を言い渡した。清原被告が求めていた保護観察は付けなかった。

 さらに、裁判官が「あなたは決して一人ではありません」「息子さんたちのためにも、やめるという強い意志を持ち、更生してください」と語りかける場面もあった。閉廷後、清原被告は傍聴席に対して頭を下げ、「このたびは誠に申し訳ありませんでした」と述べた。

 この判決を受けて、初公判時に友人として法廷に立った佐々木主浩さんは、「清原の更生をサポートしていく責任を感じています。まず二人きりで会って、今後についてじっくり希望や意向などを聞き、本音で話をすることからサポートを始めたいと思っています」とコメントした。

 また、PL学園時代からの盟友・桑田真澄さんは、「僕にとって、彼は一緒に戦った仲間であり、かけがえのない友人です」「野球人としてさまざまな困難に立ち向かってきた彼だからこそ、今回のことも克服してほしいと思っています」とコメントしている。

http://<清原和博被告に有罪判決“盟友”らコメント>