読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

ユッケ食中毒、焼き肉店元社長ら不起訴 富山地検

ユッケ食中毒、焼き肉店元社長ら不起訴 富山地検
 
♯探偵♯の独り言
こんな時に役立つのが「検察審査会」だ!強制起訴までもっていけば遺族も納得できるのでは・・・?
<a href="http://www.eco-workresearch.com/">探偵 興信所 名古屋</a>
 
北陸3県と神奈川県の焼き肉チェーン「焼肉酒家(ざかや)えびす」で2011年、ユッケを食べた客が食中毒となり計181人が発症、うち富山県で4人、福井県で1人が死亡した事件で、富山地検は19日、業務上過失致死傷容疑で書類送検された関係者2人を不起訴処分(嫌疑不十分)とした。遺族は起訴を求める署名を地検に提出していた。
 不起訴となったのは「えびす」の運営会社フーズ・フォーラス(金沢市特別清算手続き中)の元社長(47)と、肉を卸していた大和屋商店(東京都板橋区)の元役員(41)。
 富山県警などの捜査では、えびすと大和屋商店の双方で、当時の国の基準で定められたトリミング(表面を削る処理)がされていなかったことが判明。しかし地検は、原因となった腸管出血性大腸菌は毒素を生む力が強く、肉の内部まで入り込むことがあるため、トリミングをしても食中毒が起きた可能性があったなどとして、同罪に問うのは難しいと判断したという。