読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ecoworkresearch’s blog

私達は、適切な価格で最大の成果をお約束する総合調査会社 エコワークリサーチ&コンサルティングです。 名古屋を中心に証拠調査、裁判証拠収集をメインに様々な調査を行っています。 組織的にはまだまだ小さな会社ですが、大手上場企業や、複数の弁護士事務所を 顧客に持ち、常に「調査品質向上」を目指しています。http://www.eco-workresearch.com/

<後見弁護士らの着服、昨年37件…過去最悪に>

<後見弁護士らの着服、昨年37件…過去最悪に>
 
♯探偵♯の独り言
弁護士など有資格者が着服横領した場合、その家族などが事実を証明することは非常に難しい。また、表面的には合法な処置に見えるので警察の関与も遅延する一方だ!この手の事案は常に第3者がチェックする仕組みが必要だ!
<a href="http://www.eco-workresearch.com/">探偵 興信所 名古屋</a>
 
 
認知症高齢者や親権者のいない未成年者らの財産管理などを行う後見制度で、弁護士や司法書士らの「専門職」による着服が昨年1年間に37件(前年比15件増)確認され、2010年の調査開始以来、過去最悪だったことが最高裁の調査でわかった。
 
 被害総額は、金額を特定できない2件を除き、計1億1000万円に上った。
 
 一方、親族らを含む後見人全体の着服件数は521件(同約37%減)、被害金額は29億7000万円(同約48%減)で、初めて前年を下回った。
 
 後見制度を巡っては、独り暮らしや認知症の高齢者の増加が見込まれることを踏まえ、「成年後見制度利用促進法」が8日に国会で可決、成立。今後、制度の利用が増えるとみられ、着服などの不正をどう防ぐかが課題となっている。
 
最終更新:4月13日(水)22時35分

[http://探偵 興信所 名古屋:title]